長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エイミングについて

先日のラウンドでの気付きについてです。

何に気付いたかというと、自分が変態だということではなくて・・・・・
lrg_eyes.png
エイミング視差の重要性についてですw


いや、今さらこんな分かりきったこと言うなと、おまいは学習能力ないのかと思う方が大半かもしれませんが・・・・





学習能力なんてあったら
とっくの昔にゴルフ上達あきらめてやめてますよ
(/TДT)/




結論から言うと長尺パターの場合も
「両目がボールの真上にある」ことが大切かと。
さらに言うと
「上体を前傾させてからは、カップ見てフェイス微調整しちゃ駄目」ですね・・・・


私、長尺パターのプレショットルーティーンはアダムスコットを真似ています。
これすごく機械的で、おすすめですw

※ アダム スコット(Adam Scott )の教え 参照



① 右手で下グリップの上端をつまんでパターセット
② スタンスをセット
③ そのまま上体を前傾してフェイスを微調整
④ 左グリップ
⑤ 右グリップを正規の位置まで下げてアドレス完成



③の微調整はカップを見るのではなく、ボール直近の目印とか、カップに向けたボールの線とかに合わせるべきだと気付きました。


その理由は視差があるからです。
sisa.jpg
【視差によって脳みそが間違ったカップ位置を認識するの図】



長尺パターは、視線が高くて視野にカップが入りやすいので、無意識のうちに前傾後もカップへのラインを見てしまいがちです。

でも、長尺パターといえども上体は前傾していますし、カップと正対しているわけじゃないので・・・
やっぱり視差が発生するんですよ!


ただし、杉良太郎も真っ青の90度流し目ができるカメレオンみたいな方は別ですけどw
11053202.jpg
long-putter.jpg





結論:③の段階では、改めてカップにパターフェイスをあわせようとするのではなく、事前に決めておいたボール直近の目印とかに向けて微調整するべき。

だから、③の段階でカップを「ちら見」するのは方向見てるんじゃなくて距離感の確認のためなんだぜ?





あの・・・自分的には、このブログで初めて役に立った記事なんですが(TωT)

「てゆーか・・・・我田引水、自画自賛?お・じ・さ・ま
6434210.jpg
【モアはおじさまが大好きですw】
スポンサーサイト
[ 2012/05/18 23:11 ] 打ち方 | TB(0) | CM(2)
見られて興奮するとか何とか言うくだりがあるのかと思いきや、思ったより真面目な記事に安心しました

勉強になりました
[ 2012/05/19 09:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いつも真面目な記事ばかりで申し訳ありません。

性格上、真面目な記事しか書けないものですからm(_ _)m
もうすこし肩の力抜くように頑張りますw


[ 2012/05/20 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。