長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バックスイングの上げ方

今宵はバックスイングの上げ方についてです。


長尺パターのバックスイングについては、大きく2タイプに分けられるようです。

と言っても、長尺スイング自体、理論的に体系付けられていないので・・・・・


超マイノリティー長尺村住人達の経験則でしかないですけど(´□`。)



① 肩ストロークタイプ

 ○利点~バックスイングの軌道をライ角どおりに安定させやすい

 ×欠点~微調整しにくい&距離感に慣れが必要

長尺パター まにあ.com 【LONG PUTTER AHOLIC】



② 腕ストロークタイプ

 ○利点~右手のヒット感覚出しやすい(距離感つかみやすい?)

 ×欠点~大きいバックスイングで軌道狂いやすい
長尺パター まにあ.com 【LONG PUTTER AHOLIC】


皆さんはどっちが優れていると思いますか?

私は、パターは元来感性の要素が強いと考えています。


ですから腕ストロークが理に適っているのかなと。

そもそも「腕で打つの駄目」理論はボディーターンが流行った日本独自の教えらしいですし。

欧米では「パターは手で打つ」が基本のレッスンだそうです。


しかしですよ!

長尺パターは構造上慣性モーメントが大きく、一度動き出したら軌道が変わらないのが売りなんですよ?

感性に頼らない慣性スイングをするための道具なんです(勝手な思い込み)



つまり何が言いたいかというと


感性と慣性の変換うざったいわ!



どちらが良いのかは、次回で個人的な妄想見解を述べさせていただきます。


スポンサーサイト
[ 2012/03/16 21:54 ] 打ち方 | TB(0) | CM(4)
1. 無題

右手の感性に頼ったパッティングでロングパットを

身体の振りの慣性でショートパットを

私のパッティングの完成系ですね?笑
[ 2012/03/16 22:39 ] [ 編集 ]
2. 無題

昨日、関東月例に参加しました
長尺パターのカリスマアマチュアのアッキーナさんに、15分ほど教えてもらいました

彼は腕ストロークですね

ブログでは肩ストロークっていってましたが、右手で操作していました

…という訳ですから僕は昨日から腕ストロークですw
[ 2012/03/17 05:56 ] [ 編集 ]
3. Re:無題

>shinobunaitoさん
なるほど!
その「完成」もありましたかw
確かに、超ロングパットはふり幅だけじゃ打ちきれないですよね。
[ 2012/03/17 06:17 ] [ 編集 ]
4. Re:無題

>ただめーるさん
それは羨ましいですw
腕とか肩とかいっても、結局は自分の主観的なボディイメージですもんね。
第三者から見ると異なって見えるのかも。
二クラウスが、「実を言うと自分がどうやって打っているのかよく分からない」と告白したのと同じことでしょうか。
[ 2012/03/17 06:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。