長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これが究極のパッティング理論・・・・かもしれない

前回は「パター理論の真理」とか言いながら、これまで私が推奨してきた長尺パターの打ち方を全否定しました。
(しかも謝るどころか逆切れorz)



ということで今宵は、私が現時点において「これこそ長尺パターの理だ!」と考えている理論をご紹介いたします!

yamadaputter.jpg


えーと・・・・・
何だよ。巷で騒がれている山田パターかよ(´д`lll)



ミーハーでごめん(・∀・)

ご存知ない方のためにご説明すると、
① 最近、世界最小スコアをたたき出したプロがそのとき使用
② 安倍総理がオバマ大統領の要望に応えてプレゼント
③ いわゆる地クラブで、人気沸騰により現在受注不可状態
というパターです。
(ちなみに長尺モデルは作られておりませんorz)


私がこのパターに注目したのは、マテリアル的な要素じゃないんですよ!
この山田さんという方のパッティング理論なんです。
z2.gif

要約すると(間違っていたらごめんなさい)、
① パターフェイスの誤差が2m以内が入らない原因
② 肩の上下運動で打てばパターフェイスは変化しない
③ あとは手を使わないで打てばおk

詳しくは
※ ヤマダパターHP 参照
※ ヤマダパターパッティングバイブル 参照
(ちなみに雑誌等の記事によれば、山田氏は超理数系の方らしいです)


手前みそながら、私はかねがね「長尺パターは肩の縦回転が大切」と申し上げてまいりました。
そして肩の縦回転のためには「後頭部が地面と平行になるくらい頭を下げるべき」だと。
※ 頭の位置が大切なんだ 参照

そのこと自体は今でも正解だと思っていますが、これまでは何だかイマイチ消化不良のところがあったんです。
このヤマダパターの理論に沿ったパターロボットを見て自分の大きな勘違いに気付きました。


× ライ角に沿ったインサイドインの軌道
〇 回転軸を地面と平行にした直線軌道

これが正解ですよね!

ライ角に沿ってインサイドインの軌道を描くには、前傾した背骨を軸とすることになります。
そうすると、いくらライ角が直角に近い長尺パターでも、フェイスはオープン&クローズの動きになります。

でも頭を思いっきり下げて、このパターロボットみたいに回転軸を地面と平行にすれば、ライ角に関係なくパターヘッドはスクエアなままなんです。
(ここテストに出ますから)
mdp2.jpg


この理論に似たものとしてミケルソンを教えていたデイブ・ペルツというNASA出身の変り種コーチの理論もありますので、そんなに超変態理論というわけではないと思います。
berutu.gif
※ 伝説のゴルフレッスン 参照



ちなみに試してみると(あくまでパターマット上だけですけど)、

引っ掛け・押し出しともに皆無だわ
いや、まじで(゚_゚i)


後は、このスイングを自分なりにスムーズ&リピータブルに行うために、どんなボディイメージでスイングするかをこれから練習していきたいと思います。


山田理論のパターロボットを長尺パターモデルに脳内変換してみると・・・
mdp2longm.jpg
【回転軸をこのロボットのように地面と平行に近づけたいと思います】



このロボットにアミノ酸を主原料とする高分子化合物(お肉のことですよ)を付けてみると・・・・
あっ!こいつかw
blog_import_4f71a5c8eaa1f.jpg
【サム・トランス by ターミネーター仕様】

とりあえずは、このターミネーター(旧式のT850と思われます)のアドレスをイメージしながら練習してみます。


結論:ヤマダパター様。長尺パターの製作にも興味を持っていただけないでしょうか。

とりあえず、やっぱり日本人もまだまだ捨てたものじゃないですね。
頑張れヤマダパター!キャメロンとかに負けるな!


スポンサーサイト
[ 2013/04/13 09:54 ] 打ち方 | TB(0) | CM(6)
よくうちのドS親方に短いパターを使っているときにおしりを叩かれました・・・
ケツをぐっと張って胸を張ると下目使いになってインサイドインがキツくなりますからね~
[ 2013/04/13 23:05 ] [ 編集 ]
Re: 平日ゴルファーさん
それはもしかして「叩いて」いたんじゃなくて、強めに「触って」いたのでは・・・・(^_^;)

ちなみに現在取り組んでいるStack&Tilt打法でも下目使いは厳禁です。
前にご紹介したジョン・パーカーが、「何故か日本人は下目使いにボールを見る人が多い」と不思議がっていました。
[ 2013/04/14 06:30 ] [ 編集 ]
綺麗なパターですね。ほれぼれしてもったいなくて使えませんね。
飾っておきましょう。
私はソフトな打感が好きなので向いてないと思います。(買えないけど)
グレッグ・ノーマンが「パットの時右ひじをピストンのように使え」と
言っていました。
長尺では肘は使わないかもしれませんがちょっと意識するといい感じです。
[ 2013/04/14 16:25 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
右手をピストンとはどのような感じなのでしょうか?

あとソフトな打感がお好みでしたら、是非一度bobby graceのHSMインサートをお試しください。
http://longputtermania.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

もう、呆れるほどソフトで・・・・
私愛用の15個@980円の安物ツーピースボールが、まるで糸巻きバラタ(死語)のようですw
[ 2013/04/14 16:49 ] [ 編集 ]
おめでとうさんです。ついに長尺が世界を制しましたな。
これでますます風当たりが強くなるでしょう(笑)。
でも気分は最高でしょう。
暫く余韻にふけって下さい。
[ 2013/04/15 15:46 ] [ 編集 ]
Re: granpaさん
朝の生中継の途中で出勤したので、granpaさんからのコメントでアダムスコットの優勝を知りましたw
なにはともあれ「やったー!」という感じです。

私、プロ野球に全く興味がないのですが、応援している球団が勝ったときに喜ぶ人達の気持ちがちょっとだけ理解できたような気がします(笑)
[ 2013/04/15 18:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。