長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンカーリング禁止でも全然大丈夫だわ(笑)

本日、3ヶ月ぶりにゴルフに行ってきました。

ええ、雪国は冬期間ゴルフ場クローズなんですよ
私が参勤交代に行くことになったので、送別(厄介払い)コンペですよ(゚ーÅ)

s-IMG_0229.jpg
【芝は茶色ですけど、天気はぴーかんで・・・・私の普段の行いのたまものですか?】

ということで、本日のお題は
「アンカーリング禁止時代の長尺パターの打ち方の実践結果」
ということで。


え!? 今まで偉そうに打ち方説明していたのに、それってパターマットの上のことだけだっ・・・・・・






さーせん(´Д`;)


結論を申し上げますと
OUT 3パットなしの17パット
IN 3パット2回の18パット

アンカーリングなしの長尺パターで35パットとアンカーリングしていた当時と同じ程度でした。
※ アンカーリングなしの打ち方はこちらとかこちらを参照
tips1-2.jpg


本日の使用パターはBobbygrace V-FOIL M14K を投入。
s-IMG_0031.jpg
【アンカーリング禁止に対応するため3インチ短くして45インチです】


本日はショットの調子が良くてけっこうパーオンした=長いパットが残ったことから、パット下手の私としては満足できる結果だったかと(涙)

前にStack&Tilt 打法にはまっているとお伝えしましたが、最近開眼がありまして・・・・
※ 頭の位置が大切なんだ 参照


週間ゴルフダイジェストに連載中の「サルでもできるタイガー打法」のジョン・パーカー氏の教えがすごくイイ!

何が良いかって、この人日本語ぺらぺらだよ(°д°;)
(感動したのそこかよorz)

正確に言いますとこの人、スタック&チルドではなくて、その原型になったマック・オグレディ(Mac O’Grady)の流派のレッスンプロらしいのですが・・・・


要するに、左1軸じゃなくて中心1軸だと。
後はバックスイングで右に体重移動せずに打てと。
(それ以外の教えはスタック&チルドと基本的に同じですけど)
この人のレッスン記事見て、極端な左足加重にこだわらなくなってからアイアンだけじゃなくてドライバーも調子よくなりましたw

【東京の芦花公園スポーツプラザでレッスンしているらしいです】




結論:今後も長尺パター使い続けますp(^-^)q


あと、スタック&チルドも続けたいと思っておりますですはい。



スポンサーサイト
[ 2013/03/17 18:53 ] 打ち方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。