長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

V-FOIL おたく(´Д`;)

リスク (risk) について、皆さんどうお考えですか?

予想される回答としては・・・・・

① 日本男児はフリスクより仁丹食えよ
 → 7点(150点満点で)

ラスクは美味しいけど、密度が少ないから
 → おまいの頭の中の密度の方が心配ですorz

あたりが一般的でしょうか?(いいえ絶対にありません)


しかし、どうなんですか?
日本人って、リスクについて認識なさすぎじゃないでしょうか。

というか「ゼロリスクはありえない」 っていうごく当たり前の事を理解していない人がとっても多いような気がします。
もちろんリスクを少なくする努力は必要ですが、絶対ゼロにはなりません。
必要性や利便性とリスクを天秤にかけて、受容可能な範囲内でリスクを受け入れることで世の中は成立しているんですよ?

何かあるたびに、こじつけのスケープゴートを探し出して責任追及するのいい加減止めませんか。
怒りのやり場がないのは解りますけど、それがあなたが所属している社会が受容したリスクなんです。

ジェラルド・ワイルドも言っています。
「安全性を高めると、その分だけ人はハイリスクな行動を取るようになるので結果としてリスクの総数は変わらない」



つまり何が言いたいのかというとですね・・・・・

アンカーリング規制に伴って、リスクリターンが表裏一体!
長尺パター高値売り抜けチキンレース
が水面下で始まっていませんか?

長尺パター市場で(そんな市場あるのかよ)、特に有名な仕手銘柄といえば・・・・
MacGregor V-FOIL M8.5K-GT
v-foil.jpg
※ Sound of Impact !! 様より拝借(一時期は50万円とかで取引されていた激レア品)

最近、この幻の名器V-FOIL M8.5K-GTがちょくちょく中古市場に出品されているような気が・・・・・・

この前は、何とゴルフパートナーのオンライン検索にも出ていました(°д°;)
5万円強だったか・・・・2~3日ですぐに売れたみたいですが。
こんなレア物パターをゴルパの二束三文下取査定に持っていくこと自体驚きですが・・・・(情弱なのか)

現在もまたヤフオクに出品されていますね(2013.1.5現在)
yahoo85gtgazou.jpg
【開始価格7万ペソ、即決10万円 くそ~欲しいけど・・・(涙)】


ところで、V-FOILおたくを自認する私ですが、今回の上記ヤフオク出品写真を見て新たな発見が!

上の写真と、Sound of Impact !! 管理人のすーさん所蔵の8.5K-GTの写真を見比べてください。
SoundofImpact2.jpg

えっ?
明らかにヘッドの形状が違いますよ(゜д゜;)

今回ヤフオクに出品されている方の8.5K-GTは、ソールの傾斜がきついですよね?
幻の長尺パター8.5K-GTは、市販品よりヘッド重量を重くするためにソールの傾斜が浅くてフェイス高が厚くなっている専用設計のはずなんですが?

ちなみにソールの刻印も異なっています。
ヤフオクの方はマクレガーの文字列の上にパテントの表記が・・・・・

すーさん所蔵の8.5K-GT(非売品)と7.5K-GT(市販品)の比較画像がこちらです。
d_292885_1_img20100726_jpg.jpg


私所蔵のAMAZING GRACE(たぶん8.5K-GTの原型)とV-FOIL M7.5K(市販品)を比較した画像がこちら。
blog_import_4f71a51465ff9.jpg

ねっ!8.5K-GTはソール形状が市販品の7.5K-GTとは違うはずなんですよ。

ということで慌ててネット上で他の8.5K-GTの画像を検索すると・・・・あれれ?
170824750131.jpg
どちらもソール傾斜がきつい(市販品と同じ)タイプ】


なるほど・・・・改めて調べてみるとソールの形状が市販品と同じタイプの8.5K-GTも多数存在するんですね。
なお、長尺パターで有名なトップアマのアッキーナさんの8.5K-GTはすーさんと同じくフェイスの厚いタイプのようです。


じっちゃんの名にかけて推理すると・・・・・

あくまでも写真の比較からの推測ですが、今回ヤフオクに出品されているパターを始めとしたソールの角度がきついタイプは、市販品のV-FOIL M7.5K-GT(元来中尺用の設計)のヘッドに長尺8.5K-GT用のバックウエイトとフェースインサート(市販品はカッパー、8.5K-GTはHSM)を装着したモデルなんじゃないでしょうか。

その証拠に、8.5K-GTと刻印されたバックウェイトが大きすぎて、きっちり埋まっていないように見えます。(若干ソール面より浮き上がっている?)
見分け方としては、ソールのマクレガーという文字の上にパテント表記の文字列が入っている方が市販品ヘッドの改造版と思量されます。
あと、ヘッドの側面のV-FOILマークの有無も判断基準になりますね。

vfoilsihannhinn.jpg
【市販品は中尺用の7.5K-GTが一番重いヘッドでした/クリックで大きくなります】

あっ・・・!念のためお断りしておきますがソールの傾斜がきついタイプもヘッド重量はきちんと480gくらいあるようですのでご心配なく。
こちらの工房さんの記事に「傾斜きついタイプ」のリシャフト記事があり、ヘッド重量の実測写真がありましたw

超レアなV-FOIL M8.5K-GTですが、
① 長尺専用設計ヘッドのモデル
② 市販の中尺用ヘッドの改造モデル
の2種類が存在するなんて知りませんでした!

どのような経緯で元々希少種であるプロ支給品が更に2種類に分かれたのか知りたいです。
マクレガージャパンの社員さん、教えてください。

それにしても・・・・・
どっちの方がより激レア(希少)なんだろ?



結論:どっちのタイプでも良いので、V-FOIL M8.5K-GT欲しいです(涙)

どなたか3万ペソくらいで譲っていただけないでしょうか・・・・・

しかし、V-FOILパターって奥が深いですねw
あと、こんな超一部の「おたく」にしか関係ない話を延々としてごめんなさい。反省しますorz
スポンサーサイト
[ 2013/01/05 10:37 ] GEAR | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。