長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

素振り・・・する派?しない派?

皆さんに質問です。
パッティングの前に素振りってやっていますか?

私、普通のパターを使っていた頃はやっていました。
何かの本で「距離を3分割して、3分の1素振り、3分の2素振り、本番!」って打つとショートしなくなるとか読んで実行していたんですよ。
効果のほどはでしたけどorz


でも長尺パターに目覚めてからは、素振りをしなくなりました。
ほら、普通のパターだったら、何となく打つ前に自然と素振り出来ますが、長尺パターはその都度きっちりアドレスとらないと素振りできないから・・・・



面倒なんじゃ!ゴ(# ゚Д゚)ルァ!!


あと、長尺パター使いの憧れアダム先生も「素振り意味ねぇー!」って言っているし。
Adam-Scott-Masters-Cup-6-332x500.jpg
※ アダム スコット(Adam Scott )の教え 参照

一説によれば、素振りせずにぱっと見たまんまの右脳イメージで打った方が距離感が合いやすいという意見もありますしね。




・・・と素振り不要論を力説してまいりましたが、実は最近素振りをしています(´Д`;)

右脳使って本能と感性で距離感出す方法は、私のゴルフスタイルにはちょっと難しすぎるんです。
確かに、週1とかで頻繁にコースに出ているときは、私もそれで上手くいく場合が多いのですが・・・・

仕事&財布の都合で2ヶ月近くコースに行けないこともありますし、そもそも私の住んでいる所は、ブリザラとかブリザガをぶつぶつ唱えながら歩く馬鹿が多くて冬期間コース閉鎖しているんですよ?
なんでうちの近所は黒魔法使いが沢山住んでいるんだよ!


ということで頻繁にコースに出られないときは、感性に頼るよりもシステマチックに打った方が、
大ハズレのない「そこそこ」の距離感 が出せるような気がするんです。


私は前にも書いたとおり距離感はバックスイングの大きさで出すことにしています。
stk001
※ 距離感・・・振り子運動のコツ 参照

まず歩測で距離を確認したら、それに合わせた大きさで素振りをします。
グリップエンドを支点に「ぷらーん、ぷらーん」という感じで自分の距離基準に合わせた素振りを2~3回。

そして、ここからが重要なんですが、
① ボディーイメージが消えないうち(出来れば3秒以内)に打つ
② 実際打つときはバックスイングの大きさを気にしない

と上手く打てるような気が・・・・・

要は素振りではシステマチックにバックスイングの大きさを体に感じさせて、実際打つときは頭の中を空っぽにして打つと。
まぁ、元々頭の中も財布の中も空っぽですけどね(TωT)



結論:月一ゴルファーは、感性とか本能とか言っていないで素振りすべし


「あなたはゴミ箱に紙くずを投げ入れるとき、どのくらい右手を引いて投げるか頭で考えますか?
そうです!人は見た距離に応じてボールを転がす能力を本来持っているのです!」


たわけが!その手の上級者向きレッスンは聞き飽きたわ

でも・・・歩測も素振りもスロープレイにならないように注意しましょうねw
スポンサーサイト
[ 2012/08/25 19:44 ] 打ち方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。