スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




右で引くのがマイブームです(・∀・)

皆さん、サブリミナル効果ってご存知ですよね?
動画の中に認識できないくらい短いコカコーラの映像を入れておくと、見た観客が無意識のうちにペプシ飲みたくなるっていうあれですよ。

?・・・・って、ペプシかよ!ステマになってないよ(/TДT)/
せめてドクターペッパーにしてください(むしろもっと駄目です)

ということで、伏線はこれくらいにして本題に・・・・ほら、そこあくびしない!




さて、前回、前々回と長尺パターの定説について浅はかな考えを申し上げてきました。

※ 左手だけの練習は有効なのか? 参照
※ 左手だけの練習は有効なのか?PartⅡ 参照


じゃぁ、おまいは現在どんな打ち方しているんだよ?という疑問があるかと思います。
「はい、良い質問ですねw」

・・・・っておまいは池上彰かよ(TωT)


結論を先に申し上げますと、

小難しいこと考えるのやめましたw


色々なプロの長尺パタースイングの動画をぼぉ~と見ていると、

肩だけで打つんだ!手なんか飾りですよ!偉いさんにはそれが分からんのですよ

とか、

右手の疾きこと風の如く、体の動かざること山の如し、3パットした後の徐かなること林の如し

みたいに極端なこと考えていなさそうなんですけど。



とりあえず、貴方も の動画を部屋を暗くしてぼけぇ~と見てください。




コツは、左脳を停止してなーんにも考えずに右脳で感じることです。
できれば、口をだらしなく空け、左手人差し指を鼻に突っ込んだまま見ると一層効果が高まります。

準備はできましたか?
それでは、再生ボタンを押しましょうw


さて、この動画の中にサブリミナル効果のトラップが仕掛けられていることに何人の方が気付いたでしょうか?
この動画を見ていると無意識のうちに・・・・・・

ウソです。そんな手の込んだことする企画力も予算もありませんorz
(え?伏線の意味これだけっすかorz)


というわけで、最近マイブームの打ち方は・・・・

① 右手親指にグリップを引っ掛けて、パターのサイトラインに沿って真っ直ぐ上げる
② 自然に左肩&張り出した左肘も必要な分だけ下がる

これがナチュラルで良いと感じています。
つまり天然自然ですよ!


コツは左肘と右手親指の間に「糸」があるとイメージして、それが弛まない感じを持つことです。
体を固定して右手で引くのではなく、あくまでも右手に引っ張られて肩も一緒に動くことです。
ここ重要ですφ(.. )

ただし、右手でバックスイングをリードしても不安を感じなくなったのは、
慣性モーメント脅威の14,000g/cm2超えのV-FOIL M14Kにしたからかもしれません。
v-foil M14K




結論:もともと難しいこと考えるの苦手でした。
    自然が一番!・・・・かも・・・・・





「・・・・かも」って言っているからには、どうせじきに「やっぱりあれは間違いだった」とか言い始めますから、あんまり気にしないでください(*´Д`)=з
スポンサーサイト




この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

yasushiyutaro

Author:yasushiyutaro
長尺パターマニアの備忘録。
役立つ情報はないかと・・・・orz

スポンサードリンク
新着記事
天気予報
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
LONG PUTTER AHOLIC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。