長尺パターまにあ.com

【LONG PUTTER AHOLIC 2】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

左手だけの練習は有効なのか?

先般の記事の末尾でお伝えしたとおり、最近の私は、
「一般的に定説と言われている長尺パターの打ち方&練習方法」
に、ちょっとになっています。

※ 2種類の打ち方って誰が言い出したの? 参照



え?自分で散々ブログで紹介しといて全否定かよ(°д°;)

いえいえ、否定なんてとんでもない。

まぁ定説とか言っても、そもそもが超少数派なので・・・・・ねぇ?
「他にも選択肢あるんじゃね?」みたいな感じです。




keikoku.jpg 警告!
以下の書き込みは、単なる変態の妄想なので真面目に反論しないでくださいm( _ _ )m




というわけで、ちょっと復習してみると

都市伝説① 
打ち方には2種類あって、
・ 手を使わず肩の回転で打つ
・ 体を全く動かさず右腕だけで打つ

都市伝説②
左手のアンカーリングだけで、右手を離して打つ練習をすると
・ バックスイングがぶれなくなる
・ 距離感が醸成される



特に都市伝説②の「左手だけで打つ練習」は、中嶋常幸、加瀬秀樹、兼本貴司などのプロが推奨しており、長尺使用者の間では結構メジャーな練習方法だと思います。(ただし日本限定かも)


器用な右手が悪さをしないように、肩の動きだけでテイクバック&ふりこストロークするための練習かと。
s-img022.jpg
【出ました。おなじみのパペット君 by Excel作図です】



だけど・・・・・
長尺パターのライ角がいくらアップライトだといっても80度あるんですよ?
しかもSWの総重量より重い500g前後あるヘッドは、ドライバーより長いシャフトの先っぽに付いているんですよ?


そんなパターのグリツプエンドだけ握って、80度のライ角から来る重さに耐えてストローク。
(パターは自重で垂直になりたがりますからw)
blog_import_4f71a5c787eeb.jpg
【ライ角は80度なんだぜ?】


物理的に無理すぎるんですけど「ふりこ運動」の練習になっているんですかこれ?
左手の筋トレには効果的だと思いますけど・・・・私には辛すぎます(TωT)




文句言ってどうもすみませんでした!
これくらいで弱音を吐いた私が軟弱者でした(涙)


おそらく、この練習が合うタイプは、
「胸を下に向ける(=前傾深い)アドレスで肩の縦回転強調したスイングを習得したい人」
なんだと思います。

というか、左手だけでストロークしようとすると自然とそうせざるを得ない状態になるので、
棒立ちで右手で打っている人に、体幹を軸とした肩の縦回転感覚を掴ませる練習としては有効かと。
つまり、万人向けではないと思うので、自分の目指すスイングタイプを考慮して導入すべきかも。


軟弱者の私の場合は、ボビーグレースさん推奨の の方が丁度良いです。



ライ角の保持は右手に任せ、左手と肩はスイングに集中できます。
(バックスイングの時は注意しないと右腕の力使っちゃいそうですけど)



あと、都市伝説①の「スイングタイプは2つ」についても、アダム・スコットなんかをよく観察すると、純粋な肩ストロークじゃないような気が・・・・

むしろ、
右手で引いて、肩もそれに追従して必要な分だけ縦回転しているだけなんじゃ・・・・

つまり、定説の2つのタイプのハイブリットに見えます。
というか、むしろ長尺使っているプロの多くはハイブリットタイプの気がします。

ごめんなさい、単なる妄想かもしれませんです。はい。



でも、海外の長尺使用プロのレッスンを見ると、

「右手封印じゃ!左腕だけで打つぜよ」とか、

「右手で打つから、体は動かしたらあかんっ!」

みたいな二極化したメソッドを強調している人をあまり見かけません。



はい? こいつはどうなんだって?
※ 日本語不自由な兄貴その1
※ 日本語不自由な兄貴その2
1874-300.jpg

え!こいつ外人だったんですか(°д°;)
どうりで、日本語喋れないわけだ(今頃気が付いたんかい)



結論:今回は、たんなるへたれの妄想ですから、生暖かい目で見守っていただきたいと思います
(´□`。)




これ、想像ですけど・・・・・日本限定長尺パターの都市伝説って、
ごく一部のプロの教えが、エビデンスもないまま伝聞の口コミで金科玉条になったんじゃないでしょうか?
(都市伝説②は話を辿っていくと中嶋常幸が言いだしっぺ?)

だって、長尺使用プロのコメント見ていると
「打ち方分からなくて、以前から使っている〇〇プロから教えてもらった」
という発言が目立ちます。

つまり・・・・オリジナルじゃないプロが多いような気がします。
だから、日本の長尺使用プロには個性的な打ち方する人あんまりいません。

その一方で海外のプロはランガーにしろ、アダムにしろ、個性的なスタイルが多いです。
アダムだって活躍したから今ではお手本になりましたけど、あんなに前傾深い長尺使いは本来珍しいですって。


海外プロの長尺パターレッスン見てくださいよ。
小難しい事、何も言いませんから。
どいつもこいつもペンタグラム、ペンタグラムって言っているだけですよorz

まぁ、日本人は私も含めてマニュアル大好き人間が多いから民族性でしょうか・・・・・
スポンサーサイト
[ 2012/07/12 20:28 ] 打ち方 | TB(0) | CM(6)
ご無沙汰っす!

長尺巧者の使用武器は軒並み重いです

しかし、重いと左サイドだけでクラブを支えるのが大変ですね

自分もそのジレンマがありました

[ 2012/07/13 12:10 ] [ 編集 ]
おじゃまします。
やっぱり片手ではシンドイですよね。
片手で練習しようとしても、プルプルとアル中のようになってしまい、
もう年なのか、どっか体が悪いのかと思っていました。
我流で練習します。
[ 2012/07/13 13:12 ] [ 編集 ]
左腕1本で振るなんて思いもよりませんでしたよ。
やってみるときついながらやれないことは無いけどねえ。
右手の甲をシャフトに当てれば何とか振れますがロングパットは
打てませんね。却下です。

長尺を使うには身長と腕力がいるとは思いませんでした。

やはりテークバックを如何にしてぶれないようにできるかがカギのようで。
[ 2012/07/13 16:49 ] [ 編集 ]
Re: ただめーるさん江
通常パターの調子はいかがでしょうか?
早く長尺村に帰ってきてください(涙)

帰ってきてくれたら、お礼に「アメクラうんこ長尺(呪)」を着払いでお送りいたしますw
[ 2012/07/13 19:11 ] [ 編集 ]
Re: チャーリーさん江
自分に合った打ち方や練習方法を探すのも長尺の楽しみですから、よろしいのではないでしょうか。
是非、我流の打ち方や、気付きを教えてください。
メールで送っていただければ、ブログでご紹介させていただきますm( _ _ )m



[ 2012/07/13 19:19 ] [ 編集 ]
Re: granpa さん江
あれ?この練習方法あんまりメジャーじゃなかったでしょうか?
日本の長尺パター使用プロの多くが推奨しているようです。

ちなみに、granpaさんの気付き「左親指を押す」を試していますが、バックスイングの始まりが
スムーズかつ真っ直ぐ引きやすいですね!

早くコースで試してみたいです。
[ 2012/07/13 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。